+back+


こんなのあったのよ。エピックソニーが発売元。
1989.12.22 エピックソニーより発売。

ファミコン用ソフト
「TM NETWORK LIVE IN POWER BOWL」
完全攻略。


持ってる人で、行き詰ってたらちぇっくですよ!完全攻略!
20070530:完全攻略とかいいながら抜けている部分が多々あり、修正しました。

20140429:ちょっとだけ小室哲哉ぴあTM編にこのゲームのこと、出ましたね。丸山さんがちょっとだけ話題に出してた!
なのでmixiのフレ用画像をこっちにも使ってみる。

関西圏在住なので5/3参戦するじょ!

★プロローグ★

1999年12月。
ネトゲで遊んでいた主人公のパソコンに戦略防御衛星コロセウムが暴走したという緊急通信が届き、間もなく爆発、主人公は1989年12月へタイムスリップしてしまう。


★TMネットワーク リハスタ★

右のドアパソコンをしらべた後、左のドア(スタジオのミキシングルーム)の中に入る。

ミキシングルームを一通りしらべて(壁のポスター、新聞、スピーカー、ミキシングの機械、電話)外に出ると愛用のパソコンMUEを見つける。
新しく追加されたMUEコマンドでリハスタのパソコンにアクセス。
再びミキシングルームに入り、MUEで電話・ミキシングの機械にアクセスした後、扉から出ると、TMのマネージャーの村田にリハスタから追い出されてしまう。
程なく警備員に話しかけられる。
選択肢1と2はエピックソニービルの1・3Fへ移動可能、選択肢3は強制的に1Fへ。


★エピックソニービル1F★

受付嬢に「キミのことしりたいな」と3回きくと警備員に追い出されそうになるが、村田にリハスタへ連れ戻される。


★TMネットワーク リハスタ★

小室にMUEを使って何かやってみてくれないか、といわれるので、リハスタのパソコンにMUEでアクセスするとさっきまでTMがリハーサルしていた曲が流れ出す。
ちなみに電気にアクセスすると村田が「あれ、停電かな?」と首を傾げる(笑

その後コロセウムについて質問をする。全員に3回ずつ話しかけた後に再び木根と話すと、ミツコというジャーナリストを紹介してもらうことになり、村田と共にカフェ・ドゥへ移動。


★カフェ・ドゥ★

ミツコとの会話に選択肢があるが、どちらを選んでも同じ。

ミツコと別れると街へ移動。MUEで公衆電話にアクセスし、丸山博士・坂本教授・高橋教授、グザウスキー博士(留守)にアポをとってから丸の内研究所へ移動。


★丸の内研究所★

丸山博士→グザウスキーのことを聞くと部屋から追い出されてしまう。

坂本教授→選択肢を上から順番に選ぶと自宅の電話番号を教えてくれる。

高橋教授→研究員と間違えられ、自宅の電話番号を書いたメモを渡される。

グザウスキー博士→鍵がかかっている

ホストコンピュータルーム→一度入るだけでよい。


外に出て街へ移動。高橋教授に電話→高橋教授の自宅へ移動。


★高橋のマンション★

2番目の選択肢を選ぶと警察を呼ばれゲームオーバー。
「ブラウンに〜」を選ぶと中に入り込める。
その後の選択肢はどれを選んでも大丈夫。順番に5回ほど話しかけると高橋教授は酔いつぶれて寝てしまう。


テーブルの上の電話の左側のスペース(テーブルと電話の間あたり)を調べると鍵を見つける。
その後ソファーの左に置かれているカバンをしらべるとテーブルにあった鍵はカバンのもので、中から丸の内研究所のIDカードが出てくる。

電話がかかってくるが、出てもミツコからのものなのでOK、ミツコのオフィスの電話番号をゲット。
街へ移動→丸の内研究所へ。


★丸の内研究所★

MUEを使って研究所・各教授の部屋・ホストコンュータルームへ侵入可。
但しロック解除データを2回間違えるとゲームオーバー。

丸山研究室→机の上のフロッピーにMUEでアクセス。
坂本研究室→机の上のTMのCDをしらべる(笑)。
高橋研究室→部屋の右のほうに落ちている紙くずを2回調べるとブラウンの電話番号をゲット。
机の上の灰皿を2回調べる(口紅の付いた吸殻が混じっている)。

ホストコンピュータルーム→ホストコンピュータ(一つだけ形の違うコンピュータ)をMUEでアクセス。
ホストコンピュータには丸山研究室で見つけたファイルと同じデータが。
坂本教授の部屋でTMのCDを調べた後にMUEでラジカセにアクセスするとTMの曲が流れ出す。

順調に上の項目を全部調べた後であれば強制的に研究所外へ移動。
移動しない場合は調べのこしがあると思われます。
移動後TMに電話すると村田からミツコの自宅電話番号を教えてもらえるのでミツコに電話し、高橋教授のマンションへ


★高橋のマンション★

MUEでロックデータを使う際、ミツコ自宅に電話していないとゲームオーバーになるのでご注意。
高橋の部屋に入ると高橋の死体を発見。死体の右下に落ちている紙くずを調べた後ミツコの自宅に電話

そのまま自動でTMのリハスタへ移動。


★TMネットワーク リハスタ★

ミツコが高橋から預かったフロッピーのパスワード→コロセウム

ミツコと共に街へ。
MUEで公衆電話にアクセス→ブラウンに電話→留守電から住所を逆探知してブラウンのマンションへ移動。


★ブラウンのマンション★

正面右手にロックシステムがある(アクセスしづらいですが^^;)が、解除データを持っていないので、どれでもいいので手持ちのロックデータで3回アクセスすると、中からエピックソニービルの受付嬢が出てくるのでその隙に中へ。ブラウンの部屋の解除キーは高橋のマンションに落ちていた紙くずの数字。MUEでアクセス。

電話を調べると留守電が。
MUEでパソコンにアクセスするとホストコンピュータと同一のデータ。
デスクの一番右に子供の写真

MUEを使って坂本教授の自宅へ電話。
「いま〜」を選ぶとすぐに丸の内研究所へ移動。
「じつは〜」を選んだ後「いま ミツコという〜」を選ぶ。
「コロセウムは〜」を選ぶと丸の内研究所で丸山教授に追い出された後にゲームオーバー。


★丸の内研究所★

丸山博士の部屋に入ると博士と会話。
選択肢2,3は3回話すと無言になってしまう。選択肢1を3回話すと研究室から追い出される。
ミツコと別れた後、坂本教授と共にブラウンのマンションへ。


★ブラウンのマンション★

MUEでマンション入り口、部屋のロックキーを解除。
坂本教授がいなくなってからMUEを使ってTMネットワークに電話すると、木根との会話中に背後から殴られ気絶。
意識が戻ると男の死体を発見。
MUEで電話・パソコンにアクセスすると回線が遮断されていて外部と連絡がとれず。
男のズボンのポケットあたりを調べると丸の内研究所のIDカードを発見。
MUEでIDカードにアクセスすると、IDカードから死体がグザウスキー博士であることがわかる。
落ちていた手紙を拾って街へ移動→木根らが迎えに来てTMのリハスタまでは強制イベント。
手紙を開封しペンダント入手後、街→ベネフィットビルへ。

ちなみに死体発見後、何も調べず移動してしまうとマンションを出たところで警察に捕まりゲームオーバーになってしまう。
★ベネフィットビル★

受付へ移動し、マークについて質問するとゲームオーバーになってしまうので注意。
右の看板「P↓」を調べる(駐車場)と駐車場へも移動可となるので移動。
通風構をMUEでアクセス→通風構の中へ入るとダンジョンへ突入!

★ダンジョン★

右上の黄色の地点にマークが。十字キーの上で前進。
間違えたときは下を押す。180度旋回した状態になるので左右が逆になる。注意が必要。

ダンジョン突入後3つ目の分かれ目をに、その後の分岐点が来るたび

マーク救出後は敵の動きが変わる。

分岐点は、つきあたりを、ひとつ通り過ぎて一つ通り過ぎて十字路を、つきあたりを2つ通り過ぎて、つきあたりを→直進して出口の排気口!


★ツアートラック★

対向車、前の車、停車中の車、突然発進する車にクラッシュしないようにアクセル(Aボタン)調整すべし。
Bボタンはブレーキです。
クラッシュしても最初からやり直しできるが、5回クラッシュするとトラックが壊れてしまいゲームオーバー。
加えて交通標識をムシすると難易度の高い邪魔が入ります(汗

比較的安全且つ最短距離は交差点を左、左、左、左。逃げ切れたらTMのリハスタへ。
その後丸の内研究所へ移動。

★丸の内研究所★

言い争っている丸山博士と坂本教授のどちらかにワクチンプログラムを渡す選択肢。

坂本教授に渡すとゲームオーバー。
丸山教授に渡すと坂本教授が拳銃をつきつけてくるが、TMのメンバーに助けられ、ホストコンピュータルーム→TMリハスタへ。

★at POWER BOWL★

7曲目が始まると右上にカウントが現れるので、カウントが00になった瞬間にSTARTボタンを押す。

成功すれば10年後に戻った主人公宅にTMとミツコが尋ねてきてハッピーエンド。
ファミコン音で「DIVE INTO YOUR BODY」が聴けます♪
失敗すればコロセウム暴走でゲームオーバー。


ラストミッションとエンディングだけやりたい・見たい人へ。
PASS:けそへへくははなのここぬする