+back+



+FDH15 藤井将雄投手+

まちゃおさん、こと藤井将雄投手は、平成12年10月13日、31歳の若さで永眠されました。
オープン戦のシーズンに、新聞の片隅に藤井投手が高知には行かず入院されたという記事を見つけて以来、気にはかけていたのですが、まさかこんな形になってしまうとは思いもしませんでした。
もっと早く公式HPの存在に気づくべきてした…。
今ではVTRやゲーム内でしか藤井投手の活躍を見ることができませんからね…。
そんなにわかファンが何やっとんじゃ!ってなカンジですが、許してやって下さい。


藤井 将雄(ふじい・まさお)

身長:177cm  体重:72kg
生年月日:1968.10.16
出身:佐賀県


☆通算投手成績☆

右上投 実働5シーズン
153試合登板2完投32交代完了

13試合当初1完封勝利 13勝8敗0引分3セーブ
13セーブポイント
勝率.619 打者1186 投球回数286
283被安打30被本塁打
67与四球8与死球 203奪三振 124自責点
防御率3.90平均投球回数1.87
救援率90.2% 奪三振率6.39


☆チーム☆
福岡ダイエーホークス

☆背番号☆

1995-2000;15

☆タイトル☆

最多ホールド(1999;パ;26)

☆球歴☆

唐津商高→日産自動車九州→福岡ダイエーホークス(95D4位)


powered by

皆様へ

今の自分があるのは、過去から現在において出会ったすべての人のおかげだと思います。
その中の誰一人がかけても、今のこの幸せな自分は存在しませんでした。
だから、すべての人に感謝しています。
プロ野球選手はまわりの人々に夢と希望を与える職業だという人がいます。
でも、ボクは逆です。たくさんの人から夢や希望、エネルギーをもらってきました。
そのことがうれしかったんです。
6年前の入団発表のとき、王監督を胴上げしたいと抱負を述べました。
その願いも去年のリーグ優勝と日本一で無事に達成できました。
そして、今年はチーム全員で頑張ってつかんだV2。すばらしい野球人生だったと胸を張れます。
この病気には自分自身、すごく勉強させてもらいました。
孤独や優しさ、思いやり、不安。人間の本当の感情に触れることができました。
今までのボクは上っ面のとこしか見えてなかったんだなとも思いました。
すべては、この病気が教えてくれたことです。
この一年間、ゆっくりと休ませてもらいました。
あらためて野球を頑張ろうという気持ちにさせてくれた中内正オーナー代行はじめ球団の方々、王監督、チームメートの皆、感謝の気持ちは忘れません。
そして、生きる希望を与えてくださったファンの皆様、ありがとうございました。
これからもダイエーホークスを応援してください。


藤井将雄


+公式サイト+